お電話でもお気軽にお問い合わせ下さい!0120-108-565
もしもの災害に、備えていますか?25年保存できる非常食。全国1,000以上の企業・団体が導入。フリーズドライだからおいしい!25年超・長期保存の非常食!
25年超・長期保存の理由
3〜5年保存が普通の非常食の中で、サバイバル®フーズは25年間の超・長期保存が可能です。
3〜5年保存が普通の非常食の中で、サバイバル®フーズは25年間の超・長期保存が可能です。その秘密は、水分の最大98%を除去する高度なフリーズドライ技術。さらに脱酸素剤を封入することによって缶内の酸素を98%取り除き、確実に密封することで、常温で正しく保管すれば、25年間の超長期保存が可能です。缶にはサビにくいよう、コーティングが施してあります。
チキンシチュー・洋風えび雑炊
おいしさの理由
サバイバル®フーズは、一度出来上がった料理を高度なフリーズドライ技術により加工しています。
サバイバル®フーズは、一度できあがった料理を、高度なフリーズドライ技術により加工し、風味・食感・色をそのまま保持、厳選素材を使用し、栄養バランスも優れています。さらに防腐剤は一切使用していませんので安心してお召し上がりいただけます。
お召し上がり方
25年買い替え不要だからコストもお得!
超・長期保存ができるサバイバル®フーズだから家計にも優しく備える事ができます。
サバイバル®フーズのクラッカーの標準的だと思われる小売価格は10食分で4,000円ですが、25年保存が可能です。一般的な同様の非常食の場合には、5年毎に買い替えが必要ですから、1食300円としても10食分を25年で5回買うと15,000円と、サバイバル®フーズよりも11,000円も割高になります。超・長期保存ができるサバイバル®フーズだから家計にも優しく備えることができます。
軽量&コンパクト! 2種類のサイズをご用意
軽量&コンパクト!2種類のサイズをご用意
サバイバル®フーズは、フリーズドライだから軽量&コンパクト!収納スペースを取りません。
サバイバル®フーズはフリーズドライだから、軽量&コンパクト!収納スペースを取りません。
サバイバル®フーズ 標準食数
標準食数
サバイバル®フーズは、官公庁・自治体をはじめ、全国1,000以上の企業・団体が備蓄食として導入している安心と信頼のブランドです。
25年備蓄食のサバイバル®フーズ製品一覧:クラッカー、チキンシチュー、野菜シチュー、洋風とり雑炊、洋風エビ雑炊
SURVIVAL® FOODS LINEUP
チキンシチュー  大缶/小缶
野菜シチュー  大缶/小缶
クラッカー  大缶/小缶
洋風とり雑炊  大缶/小缶
洋風えび雑炊  大缶/小缶
ご購入はこちら
バラエティセット【大缶】
ご購入はこちら
クラッカーとシチュー2種類セット【小缶】
ご購入はこちら
野菜シチューファミリーセット【大缶】
ご購入はこちら
チキンシチューファミリーセット【大缶】
ご購入はこちら
これまでの「3日分」から「1週間分以上」へ
サバイバル®フーズのよくあるご質問
Q1

サバイバル®フーズとは何ですか?

25年間の超長期保存が可能なフリーズドライ加工食品とクラッカーの備蓄食です。なお “サバイバル” は弊社の登録商標です。軽量、コンパクトで、栄養バランスにも優れるという理由で様々な分野で利用されています。

Q2

フリーズドライ食品とは何ですか?

サバイバル®フーズのフリーズドライ食品は、完全に調理済みの料理を瞬間冷却し、水分を昇華させることで最大98%まで除去する加工(凍結乾燥加工)がされています。加熱せずに乾燥させるので、風味・食感・色・栄養バランス等はそのまま保持されます。

Q3

25年間の保存には実績がありますか?

サバイバル®フーズの販売を開始したのは1978年、すでに日本で40年以上の実績がございます。

Q4

サバイバル®フーズはなぜ、超・長期保存ができるのですか?

食品の品質を長期間維持するには、酸化や微生物増殖の原因となる酸素や水分をできるだけ取り除かなければなりません。サバイバル®フーズは、フリーズドライ製法により水分の最大98%を除去し、脱酸素剤によって酸素を取り除くとともに、確実な方法で缶に密封し、外気から酸素や水分の流入を防ぐことにより保存性を高めています。

Q5

非常食は一人あたりどのくらい用意すればいいですか?

阪神淡路大震災の当時、神戸市東灘区に住んでいた弊社のスタッフによれば、2日目に買出しに出たときは、ほとんど何も手に入らず、3日目には食料がなくなったそうです。最低1週間分の確保をお薦めいたします。サバイバル®フーズでいえば小缶(2号缶)ファミリーセット2箱分です。

Q6

栄養はどうですか?

サバイバル®フーズのシチューと洋風雑炊は、ふだんから食べている食品をフリーズドライ加工しているので、栄養のバランスもそのまま残しています。そのため、サバイバル®フーズは多くの病院・福祉施設の栄養士様からの支持をいただいています。

Q7

缶切りを使用するよりも、プルトップ缶の方が便利なのでは?

プルトップ缶では、経年変化や外部からの衝撃により缶のミシン目部分が劣化し、密封性が損なわれる可能性があります。サバイバル®フーズでは、長期間にわたり缶の密封性を確保するため、あえてプルトップ缶の採用を見送っています。

Q8

300人の社員用に3日分の備蓄食を保管するにはどのくらいのスペースが必要ですか?

300人の3日分の総食数は2,700食です。2,700食分の大缶(1号缶)ファミリーセット(60食/1箱)を購入すると45箱になります。45箱を保管するスペースは約1.4m³ですので標準的な事務机2つ分ぐらい必要です。

Q9

保管場所はどこが最適ですか?

普段の生活のように、湿気と温度変化が少ない環境が最適です。生活の場では風通しをよくし、暑ければ涼しく、寒ければ暖かくしています。いつも目につくところに保管することで、濡れ、へこみ等の異変にも早く気づきます。

Q10

缶詰には錆がでるので、保存が心配です。

サバイバル®フーズの缶は、内側と外側の両面にコーティングを施すことで錆びにくくしてあります。高温・多湿を避けて保管していれば、錆により劣化することはありません。

Q11

重さはどのくらいですか?

フリーズドライ製法により、水分を最大98%除去しているので、調理後の製品の約1/7の重量になっています。1缶あたりの重量はメニューにより異なりますが、10食入りの大缶製品(1号缶)で1缶あたり約600〜約1,200g程度です。

Q12

販売している商品の製造年月は最新でしょうか?

サバイバル®フーズは、常に製造から1年未満の最新製品をお届けしています。(※セール品またはアウトレット品は除く)

メディア掲載情報
お客様の声
豊富なサバイバル®フーズセットをご用意しています。
ご購入はこちら