非常食・防災グッズ・BCPなら

非常食・保存食のセイショップ(SEISHOP)-防災のセレクトショップ-

装

商品検索

検索

カテゴリーから探す

人気商品ランキング

  1. サバイバルフーズ
    [#10大缶]マウンテンハウス・パスタプリマヴェラ×6缶入り
    [#10大缶]サバイバルフーズ
    バラエティセット
    35,800円+税
  2. サバイバルフーズ
    [#10大缶]チキンシチューのファミリーセット
    [#10大缶]サバイバルフーズ
    チキンシチューのファミリーセット
    35,340円+税
  3. サバイバルフーズ
    [#10大缶]野菜シチューのファミリーセット
    [#10大缶]サバイバルフーズ
    野菜シチューのファミリーセット
    33,060円+税
  4. 5年 保存水
    富士ミネラルウォーター
    2Lx6本入り/1ケース
    2,300円+税
  5. ほっ!トイレ
    ほっ!トイレタブレット
    処理ビニール袋付
    21,000円+税

ホーム > > 暮らし > 放射性物質を除去できる空気清浄機とマスク[WACジュニア・プラス/WACマスク] > WACマスク [1枚]|唯一の原子力災害用マスク(東京大学特許)[抗放射性物質]

商品情報

WACマスク [1枚]|唯一の原子力災害用マスク(東京大学特許)[抗放射性物質]

商品コード WAC-MASK
ブランド ワカイダエンジニアリング
定価 円(税込)
価格 2,750 円+税(税込2,970 円)
概要 お届けの目安:即納(当日から翌営業日に発送します)
数量

商品詳細

特殊な災害時にも対応!
放射能からあなたを守る唯一のマスクです。

東京大学・東洋紡・ワカイダの3社で共同特許取得、放射性ヨウ素を99%捕集するWACフィルターを使用した放射能災害対策専用マスク。福島で使用され、建屋内の放射線量を作業員が活動可能なレベルまで下げることに成功したWACフィルターをマスクに応用。万が一にも遭遇したくない放射能漏れ事故、目に見えない放射性ヨウ素(半減期8日)の危機を防ぐ方法は、唯一発生源から離れる事です。WACマスクを鼻と口にあてて、すみやかに現場から避難してください。

商品名 WACマスク
製品型式 W-3000
寸法 本体:W170mm × H90mm・フィルタ:W125mm × H90mm
材質 マスク本体(黄色):ポリプロピレン不織布・耳かけ部:ポリエステルゴム
フィルタ:WACフィルタ(特許取得品、日本製)活性炭素繊維製・TEDA添着
包装 アルミ蒸着袋 1個入り
保証期間 5年間(未開封)
※自治体では「使用期限」を刻印していますが、弊社では使用期限は特に設けておりません。
※放射性物質の除去フィルターの性能は10年間(未開封)でもご利用いただけます。ただし、マスクのゴムの劣化等により5年程度(未開封)の保証となります。
原産国 マスク本体:中国製 フィルタ:日本製 最終組立地:日本
その他 放射性ヨウ素捕集率99.43%以上は、WACフィルタの単体性能で、マスクとしての性能を保証するものではありません。
乳幼児の手の届かない所に保管してください。
高温多湿な場所での保管は避けてください。
折り曲げたり、重い物を載せないでください。

原子力災害対策用「WACマスク」

原子力災害対策用 放射性ヨウ素除去フィルタ搭載マスク:WACマスク
  • 原子力災害時の放射性ヨウ素対策・備蓄に
  • 放射性ヨウ素の体内被ばくを防止!
  • 安定ヨウ素剤を使えない人でも使用可
  • 湿度に強い!高湿度下でも性能発揮。たとえ雨の中でもその優れた性能を保持、発揮します。
主な特徴
  • 放射性ヨウ素を吸着除去できる唯一の簡易型マスクです。
    除去率99.43%以上(※フィルタ単体の性能)
  • 東京大学・東洋紡(株)・(株)ワカイダ・エンジニアリング共同開発・特許「WACフィルター」搭載

特許取得済み 高性能「WACフィルタ(日本製)」搭載

特許番号:4549388号
東京大学・東洋紡(株)・(株)ワカイダ・エンジニアリング共同開発

WACマスクに使用されているWACフィルタは、東京大学、東洋紡(株)、(株)ワカイダエンジニアリングの共同研究により開発された活性炭素繊維製フィルタで、特許を取得しております。

放射性ヨウ素捕集率効率が99.43%以上という優れた性能により、多くの放射性物質使用施設の排気処理フィルタとして採用されております。

また、福島原発事故対策でその性能があらためて高く評価され、その後の原発周辺地域の避難所用フィルタとしても各地で採用されております。

原子力災害発生時には、初期に素早い行動が必要になります。避難やそれを支援する活動などの災害時出動において、拡散された放射性物質を含む粉塵などに対してきわめて有効な手段となります。

WACフィルタ断面図

※放射性ヨウ素捕集効率(除去)99.43%はWACフィルタ単体性能でマスクとしての性能ではありません。
正しく装着してください。

使用後について
放射性ヨウ素はフィルタ内に吸着保持されておりますので、使用済マスクはビニール袋に入れて、自治体が指示した方法に従って処分してください。
原子力災害時の使用期限は、24時間を目安としております。

活性炭素繊維製「WACフィルタ」性能試験

平成20年(2008)
6月24日
米国NUCON社 米国「原子力グレード活性炭の試験方法」ASTM D-3803 放射性ヨウ素の捕集効率:99.43%
平成27年(2015)
1月24日
米国NUCON社 米国「原子力グレード活性炭の試験方法」ASTM D-3803 放射性ヨウ素の捕集効率:99.45%
平成27年(2015)
4月30日
一般社団法人 化学物質評価研究機構 ヨウ化メチルガスの捕集効率:99.9%

WACマスクと安定ヨウ素剤について

原子力災害時の内部被ばく対策として、安定ヨウ素剤の服用が広く認知されています。

しかし安定ヨウ素剤には、服用規制や副作用の心配もあり、また服用は原則として原子力委員会が判断し、原子力委員会または地方公共団体が指示を出します。

WACマスクであれば、だれにでもすぐに装着でき、指示を待つ必要もなく対処することが可能です。粉塵やガス状の放射性ヨウ素の体内侵入を事前にブロックできます。

安定ヨウ素剤とWACマスクの併用が現状では最も安全でかつ確実な方法ですが、災害時に「誰にでも」「すぐに」対応できるWACマスクを備蓄しておけば、いつ起こるか分からない災害に迅速に対応できます。

  安定ヨウ素剤 WACマスク
服用・装着のタイミング 被ばく前24時間・被爆後4時間ほど。
服用は原則1回のみで、連続服用は避け、非難を最優先させます。
いつでも、どこでも、だれでも装着でき、特別な指示等がなくても利用可能です。
避難の際は必ず着用願います。
服用・装着の規制及び副作用 大人や子ども、乳幼児、新生児で服用量が違います。
また病気療養中の方など服用できない方や、服用による副作用の心配もあります。
年齢や治療歴などによる規制はなく、副作用等の心配がありません。また、黄色のマスクにより一般マスクのとの区別化を図り、誤用も防げます。
災害時の運用 災害時の混乱の中で、的確な判断・運用が必要となります。 WACマスクは避難所等での備蓄及び配布にも適しており、災害時に速やかに使用できます。

WACマスクと安定ヨウ素剤の併用がベスト

放射性ヨウ素の体内被ばくを防止するWACマスクは、混乱時でもすぐに装着でき使用制限もないため、初動対応ツールとしてはベストです。
マスクを外すこともあるため、安定ヨウ素剤との併用が望ましいと考えます。

WACマスクを正しくご利用いただくために

WACマスク装着時は鼻、口を確実に覆うように装着

① WACマスク装着時は鼻、口を確実に覆うように装着

放射性ヨウ素の体内侵入、内部被ばくを防止するために、WACマスク装着時は鼻、口を確実に覆い顎下までWACマスクを伸ばして装着するようにしてください。

紐部の「調整リング」にてWACマスクと顔にすき間ができないように装着

② 紐部の「調整リング」にてWACマスクと顔にすき間ができないように装着

調整リングをスライドさせ、顔面密着度を調整してください。
特に鼻の両側、頬、顎部分に、できるだけすき間が出来ないように装着してください。